相手をコントロールしようとする

相手をコントロールしようとする 共依存でいう、「相手をコントロールしようとする」というのは、自分を満足させてくれるような行動を取らせるようにすることです。
相手のために、いい結果が出るような誘導をする善意的なものではありません。
これは、自分に自信が無いのが原因で、自分の自尊心を保つために相手からの評価をコントロールします。

例えば、相手の身の周りの世話を献身的に行い、相手から感謝されたとします。
それが喜びとなり、自尊心が高まります。
そのうち、相手からの評価がなくなってくると、相手が自分を評価するように仕向ける行動をとることがあります。
自分を犠牲にしても相手に尽したり、相手が弱っている所を狙って優しくしたりします。
これは、相手からの評価をコントロールしようとする行動です。
そこに、相手への気持ちは無く、相手から見た自分しか見えていません。
自分にとって良いように相手をコントロールするというのは、相手への優しさではありませんね。
ですが、本人は相手に優しくしていると思っているので、それを自分にとって良いように相手をコントロールしているとは思わないのです。

これも、自分を評価してくれるか、評価してくれないかの関係性を大切にしてしまう共依存の傾向と言えます。

お勧め

アダルトチルドレンの解説サイト
アダルトチルドレン回復方法
共依存を克服されたい方へ
共依存 克服





次項 >> 精神的、社会的に自立できていない


«トップページへ
« 戻る